大学院生とか、長期的に学業に励もうと考えるのがすごいなあ、と思う。

中長期的に自分のやろうとしていることがどれくらい実を結ぶかわからない中で、非常に長いスパンで活動し貢献しよう、というモチベーションを保っているのが謎だ。

いまここに生きている人たちにとってなにか響くところのあるものだろうか、と問答しつつ一歩進み戻るという日々だけれど、そういった小さな単位の試行錯誤はあるのだろうか。ないわけではないだろうが、そもそも立てた目標とか、そういったものの小さな検証というのは、できているのだろうか。

長いスパンで試行錯誤するというのがどうにも現実のものと思えず、逃げてしまったのではたしてどういうものなのかわからないけれど。