桜が咲く地に生きていることがいまだに不思議で浮遊感がある。

4月を前にして桜が咲く、というのはどこか遠い地でのできごとのように思えていた。

しかし京都御苑で桜に群がる見苦しい人々を見て、やはりこれは現実なのだ、ここでは桜が咲くのだ、と実感を持つ。