どうせこのままなにもせずに生きていてもいいことなんてないし良い方向に変わることもないし、いずれにせよ死ぬことは決まっているのだから、そのときが早まろうともよりおもしろいことができそうなら絶対にそちらを選ぶべきだと思っている。


自分を奴隷のように扱ってはいけない。自分を粗雑に扱う人を見て、人は「もっと人間は雑に扱っていいのだな」と錯覚する。