他人のことが大好きで大好きで盲目的なまでに他人のことが大好きなまま生きてきた反動でどんどん他人が嫌いになってきているだけなんだとおもう。

自分の中に何もなくて、何もない自分の中が他人で満たされていく感覚が好きだけど、この味をおぼえてしまいたくないとおもう。いつまでも特別なままにしておきたい。