最近の買い物

未来日記パラドックス (角川コミックス・エース 129-16)

未来日記パラドックス (角川コミックス・エース 129-16)


『パラドックス』は原作2巻途中まで + αの内容が1冊になっていてスピード感があってよい。
現実味のなさが突き抜けているので、ちょっとした設定の綻びとかが気にならない。

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

書店でふと見たらおもしろい内容だったのでオライリーのeBooks Storeで買った。
PDFで2600円なのでだいたい8割で買えたことになる。

Railsってタイトルに入っているけどリファレンス本ではなくて、むしろそういう典型的なRails本の紹介する中身の伴わないアプリケーションではなくて、もっと実践的なアプリケーションをRailsでつくるにはどうしたらよいか、という点についてフォーカスしていて、あまり風化しなさそうな話題だったので買ってみた。

はじめてPDFを買ったけど、よく考えればCDとかも実体はない (CDという円盤や歌詞カードは実体ではない) し、漫画とかアニメはパッケージとして有形だが、本当に自分が価値を見出しているのはその奥にあるものだし、扱い方が変わるだけで本質的にはなにも変わってないことに気がついた。

たとえばどうしても紙の書籍を売りたい人たち、紙の書籍に価値があると考える人たちは、買った本の総重量や体積が一定以上になったら本棚をプレゼントします、とか、貸し本棚サービスをやります、とかそういうことをやろうとは考えないのかな。やっているのかもしれない。
日本はアメリカに比べて人口密度が高くて、しかも首都圏は重ねてひどいことになっているし、ますます場所をとる紙の書籍は分が悪くなるばかりだとおもう。

あとMacBookやDesire HDで本を読もうという気にはさすがになれないから、スレート型端末がとてもほしくなった。
なので、次期iPad出たら買おう、ということになった。