「上手だなあ」っておもう写真を撮る人はすぐに見つかるけど、「好きだなあ」「美しいなあ」っておもえる写真を撮る人はなかなかいない。いまのところ3人しかいない。

「上手な写真」というのは、共有された価値観に照らし合わせて存在するものだけど、「好きだ」「美しい」写真はとても個人的な価値観の中だけに存在するものだから、より稀少なのかもしれない。