ダメにしてしまいそうなもの、こわしてしまいそうなもの、自分のものだけだったらいいんだけど、そうではないのが非常に気掛かり。

だけど、他人の不幸を恐れずに自分の意思を貫くような、そんな傲慢さもあるいは持つべきなのかもしれないとか、考えたりする。