他人との関係を対称なものだと想像しない人は心底嫌いだ。「人の身になって考えろ」というわけじゃない。そんなの無理な話だからだ。考えなくていい。相手にぶつかったときの感触を頼りに試行錯誤してもいい。

他人にぶつかることを避けることとは別に、他人とぶつかったときの感触を忘れずそれを糧としようとすることは尊いことだとおもう。他人にぶつかったことにいつまでもこだわってもしかたがない。ぶつかるのはいやだという気持ちはおれにだってある。