笑顔

うまく笑うコツがつかめてきた気がする。

上前歯を出すように(いわゆる「出っ歯」の人の物真似をするように)すると、いいかんじに口角があがって、ふつうの人の笑顔にちかい表情になった。

いつだったか、自分が満面の笑顔をしたつもりだった瞬間の写真をみてぜんぜん笑っていないことに愕然として、いったいなにがいけないんだと戸惑った。

きちんとした「笑い方」を身につけようと躍起になったが、「笑えていない」自分の顔を見るのがいやになってから鏡をろくに見なくなった。あたりまえのことだけど、鏡をみないと笑顔の身につけようがない。

言葉遊びではなく、「笑い方」というのは、どうやって身につけるんだろう。ほかの人がどうやって笑っているのか、とても気になる。