けっきょく Mozilla Firefox + Vimperator に戻ってきた

やはりVimperatorがないとWebブラウザを名乗ってはいけないですね。

本格的に使いはじめたのが今月の10日なので、およそ10日間使っていたことに。Firefoxでつかっているアドオンと、Chromeにおける代替について。

Vimperator
Chrome Keyconfig
Tombloo
Taberareloo
XUL/Migemo
-
Tree Style Tabs
-
Greasemonkey
-

その上で、いろいろな感想。便宜上、これらのアドオンまで含めて、FirefoxChromeと称することにする。

Chromeのよいところ

体感速度が速い。V8の影響かどうかはわからない。

起動がとてもはやいので、ブラウザを起動していないときにURLを開いたときに「あっ」とおもうことはない。Firefoxだと、「あー、やっちまったー」ってかんじになる。

ロケーションバーの補完がさくさくしていて、候補がサジェストされている状態(確定されていない)でReturnしても、その候補で確定し移動できるのは便利かも。(ただし、これに近い挙動はVimperatorの設定次第でできる)

ブックマークしてキーワードを設定しなくても、ほかの検索エンジンで検索できるのはべんりだとおもう。

Taberarelooのタグ補完がなかなかいいかんじで、候補が一意に定まると確定してくれる。たまにこの挙動で困ることもあるけど、だいたいの場合において便利。ただ、画像をTumblrに流すときにうまくいかないというか、オブジェクトの上でコンテキストメニューを開いてもTaberarelooを呼ぶことができないので、画像を投げるときはちょっと工夫がいるみたい?

Chromeのこまったところ

コマンドラインがないのが不便。ちょっとした計算だとかをするときに、 :echo 300*0.05+51 などと電卓代わりにしている。キーに操作をわりあてるのに限界があるので、補完を利用しつつコマンドを打つこともあって、それができないのがなかなか不便。

あと、Chrome Keyconfigがキー入力を拾える範囲が限られているせいなのか、おもいどおりに操作できない場面が時折あって、不便なおもいをした。具体的にいうと、画像だけを開いているタブを選択している状態だと、タブ移動のキー入力が効かない。

その他、Vimperatorのプラグインで実現できていたさまざまなことができなかったりして、小さなストレスを感じることがけっこうある。

Firefoxのよいところ

コマンドラインからだいたいの操作を行うことができること、蓄積されたVimperatorのプラグインという財産を利用できること、これらがとても大きい。

あと、たくさんタブを開いたときにTree Style Tabsが真価を発揮する。Tree Style Tabsは、選択しているタブが属していないタブのツリーを畳んでおくことができるので、スペースを有効活用できる。Chromeでたくさんタブを開くとタイトルがまったく読めなくなっていってしまうし、かならずしもFaviconが用意されているわけでもないので、タブの判別が難しくなってくる。

Firefoxのこまったところ

レンダリングにけっこうCPUリソースを消費するみたいで、あまりパワーがあるとはいえない自分のマシンだと、快適とは言い難かったりする。

あと、起動がまだまだ遅いのが気になる。

総括

Chromeはよいブラウザだとおもいます。サクサク使えるのはそれだけで十分訴求力があるというか。

ただ、機能的にはFirefoxに及ばず、またFirefoxの操作性も、おそらくハードウェアの新調などでどうにかできる範囲だ、と考えています。二世代くらい前のマシンになるので、どのみちハードウェアの新調は避けられないことだとおもっているので。

ChromeはニコニコやYouTube専用ブラウザとしての役目を負ってもらうことになりそうです。